俄然やる気。

かつお風味のふんどしー

嘉門達夫大好き、来道もどるです。
前回の川本真琴から加藤いずみ→田村直美→国府田マリ子→BONJOVI
かなり紆余曲折してへろへろです。
書き出しで困って丸2週間。
こんなオープニングはもうやりません。


~前回までのあらすじ~
黒で統一された劇場に触発されたもどるさん。
早速妄想。次回作が脳内で完成。
初めての火消し役に燃えるが・・・

っておい!いまさらタイトル変更かよ!!
しかもタイトル変わって内容変わらずって、うそだーー!
いつもこうやってだまされてきた。知ってるもん。
だって内容変わってないならタイトル変えないでしょ?
ズバリ、水泥棒がメインの話で間違いないでしょう!
あの空間、水・・・・・・わかった!ダムだ!


山あいの町。ここにダムの建設計画が持ち上がる。
この町のシンボルでもある小さな観覧車。
観覧車の整備を生業とする竹吉。
山間の観覧車ではたいしたものは見れない。
見えるのは夕日、ただの夕日。
この景色だけを守る、そんな竹吉。
兄の松吉は市役所勤めのダム推進派。
山間の町だはたいしたものは見れない。
あるのは夕日、きれいな夕日。
ダムの水鏡に映る夕日を造る、そんな松吉。
そしてこの二人が心を寄せる幼馴染の梅。
梅は毎日観覧車に乗る。晴れの日も、雨の日も。
遠くに見える夕日、近くに聞こえる水音。
そんな三人の心が夕日に映え水面に映り、
遠ざからない近づかない観覧車の関係がゆっくりと回りだす!これだーー!!
わっかりました!僕、竹吉やります!観覧車ゆっっっっくりまわします!
どこよりも高くにたどり着けるつける天辺を守ります。
熱演します!やってやります!だって、僕が守れる唯一を見る人がいるから。
あの娘とこの観覧車が好きだから!大好きだからーーー!!!
[PR]

  # by noa-toybox | 2006-10-31 02:32 | もどる

きっかけは

今日は母校の高校に行きました。
私も縁のある演劇部のコーチが辞めるので、その引退式に参加。
女だらけで80人位いたかな??華やいでました。

私はその引退するコーチに初めて、「演出」というものを受けました。
今はわかめヘアーの演出家に演出受けてます。 それは関係なかった。

にしても、なんで演劇部入ったんだっけ?
きっかけは、何でもよかったんです。多分。

なんでノアノオモチャバコ作ったんだっけ?
きっかけが、欲しかったんです。

良い物をお届けできるまで、頑張ります。
公演の準備、着々と進んでますよ~。
[PR]

  # by noa-toybox | 2006-10-28 23:51 | かおり

水が先か?恋が先か?

とりあえず速報です。

水が先か、恋が先か?そんな議論を僕の脳内革命でバトルされていましたが、ようやく決まりました。


水がないと死んでしまうから、だから恋も出来ないから、だからだから水が先派。

恋をすれば生きようと思うから、だからオイルショックでも水を買いにいくから、だからだから恋派。

僕は僕だから、だから体、空だ派。

と、以上、3派に分かれた脳内インフレは先ほど回復の兆しを見せました。
(速報により意味不明。)



次回公演タイトルは

『水泥棒と恋泥棒』

に決まりました。

多分。きっとね。




…で、すいません。
現場にかまけて更新飛ばしてました。

STORYはもどるの書いたとおりです。笑。
[PR]

  # by noa-toybox | 2006-10-23 02:39 | noa

やっと・・・

初投稿です、かおりです。
違うの、さぼってた訳じゃないの。

と、のっけから言い訳。いけません、そんなことじゃ。
でも熱がでたりして大変だった。
これは本当。
ええ、それをいいことにさぼりましたよ、色んなこと。何これ、10月病ってあるんでしょうか?

さて、滞納(イヤな響きっ)しているので、たっぷり書きます。

まずはTV撮影の話し。
とある秋晴れの日、撮影に行ってきました。@駅のホーム

はっきり言って、撮られ慣れません。カメラが向くとドキドキします。
あぁ、もっと髪の毛セットすれば良かった、とかそんなしょうもないことが気になります。
舞台とは見てるひとの距離感が違うし(「近いよちかいよ」って感じだし)、だから立ち位置とか、そんな基本的なところでテンパる自分。ちょっと恥ずかしい。

舞台だと何回も稽古があって、役者同士で呼吸をはかりあう時間とかがあってやっと本番を迎えるわけですが、TVだと稽古時間なんてないわけで、あれよあれよと言う間に撮り終わり。
後で「もっとこうすれば芝居的に面白かった」とか考えてちょっとへこむ。
稽古って偉大。。

この日私が一番気になったのは、撮影に付き添っていた駅員さん。ものすごく何かをぶつぶつ言いながらホームを行ったり来たりしているのに、電車が来る時間になると急にシャキッとして「1分後に到着です!」と言って電車をさばき、電車が去るとまたぶつぶつ行ったり来たり。
彼は何かに取り憑かれていたと思います。

つづいて制作の話し。
とあるところに企画書を出してきました。
その中で、次次次回作の内容を書かなくてはいけないのですが、かなり先なので、まだ何も決まってません。
しょうがないので、独断で作りました。↓

タイトル:『発泡少女』

作品解説:何もないところから始めます。
    そこから、1時間半経過してまた、何もないところに戻ります。
       元に戻ったからといって、元通りにはなりません。
       そんな、日常に潜む”衝動”がテーマです。

あらすじ: 私の周りに、いつからだろう、変な人が増えてきた。
    泡のように湧き出る衝動と、泡のように消えていく現実。
       銃でもぶっ放したら、全部変わるだろうか。
       少女は夢想しながら、炭酸水を飲み干す。
           げっぷが出そう。

(注)本作に関する抗議は、承っておりません。これを次次次回作にやります。(笑) 
[PR]

  # by noa-toybox | 2006-10-21 12:41 | かおり

やる気出てきた。

カーブでふざけてコーラをこぼした
あの夏の地図はせーので窓から投げたー
投げたぁー投げたぁー投げたぁー投げたぁー投げたぁー投げたぁー

川本真琴大好き、来道もどるです。

只今、かおり様からもらったラムをちびちびやりながら書いてます。
ちなみにnoa様は青い手ぬぐいをいただいておりました。
もしかして流行の何チャラ王子を揶揄っていたのでしょうか?
僕は心の中で爆笑でした。ナイスかおり様!。


先日、渋谷のル凸(←あってる?)なるアトリエに行ってまいりました。
お次はここでお芝居をやるらしく、いわゆる下見です。
黒で統一された空間は引き締まった感じで、若いころの僕ならぴったりしっくりそんなとこでした。
ここと今の僕がどうマッチするのか、楽しみでございます。
タイトルの『恋泥棒と水泥棒』。そしてあの空間。
ムムム・・・わかった!
おそらく、これは時代劇です。

時は江戸の世。仲のよい兄弟の松吉と竹吉。
火消しの竹吉は江戸町一番の火消し。しかしここの所どうも不審火が多い。
毎日毎日大切な町が崩れていくのは我慢がならないが、自分にできるのは火を消すだけ。
一方、兄の松吉は売れない花火師。師匠の下で黙々と腕を磨く日々。
たった一つの楽しみは夜誰もいなくなった花火小屋で小さく咲かせるお手製花火。
そしてこの二人が心を寄せる幼なじみの梅。もちろん梅は井戸端会議好き。
そんな3人心模様が夜空映える井戸の水面に映る花火に火事に萌えあがる!これだーー!
わっかりました!僕、竹吉やります!自分の恋心を見事に鎮火させます、熱演します!やってやります!あの娘とこの町が好きだから!大好きだからーー!!!
[PR]

  # by noa-toybox | 2006-10-17 00:45 | もどる

2番!

先日、あらぬ紹介を受けた親玉のnoaでございまする。
決して毎日のように脅迫めいたメールを送ってなどいません。
1度だけ「ブログとったよ」と送っただけでございます。
他には何も送ってません。
これが真実です。

只今台本逃亡中。

只今台本執筆中。

お好きな方をお選びくださいませ。

ノアノオモチャバコchapter.2
「恋泥棒と水泥棒(仮)」
2007年1月30日~2月4日

詳しくはもどるが頑張るはずのHPにて。
[PR]

  # by noa-toybox | 2006-10-12 03:20 | noa

一番!

そして僕らーのーセンチメンターーな夏がすぎてーゆーくーーー

ゆず大好き、来道もどるです。


残暑が無いまま台風も行き交ったのかどうかで秋っ!!
ブログをはじめることになりました。
実は、文章書くなんて初めてのもどるサンはとっても緊張の面持ち。
改行句読点誤字脱字勘違い仮名変換。
初心者にはハードル高いです。

しっかーし、noaの親玉が「なんか書け!」「まず誰が書く?」って
毎日メールしてくるんですからやりますよ。
仕方ない、しょうがないの心は捨てました。

『やるからには楽しんでやる!』

そう何かするときは楽しんじゃうのが一番。
なんでもポジティブシンキングです。
もちろんやけくそとも言いますけど、それが何か?
[PR]

  # by noa-toybox | 2006-10-10 23:30 | もどる

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE